就職活動・インターン

インターンシップの面接で質問されやすい内容とは?的確な回答例も含めて解説!

インターンシップは、就活生にとって企業と直接繋がれる重要なイベントです。憧れの業界や希望している職種を間近で見て体感したい、そこに立ちはだかるのがインターンシップの面接ですよね。

そこで本記事では、インターンシップに参加したい就活生向けに「インターンシップの面接でよく聞かれる質問と答え方」を紹介します。面接対策になるので、最後まで目を通してみてください!

インターンシップの面接でよく聞かれる質問

インターンシップの面接で聞かれる質問には、大きく分けて以下の3つのパターンがあります。

  • 就活生自身についての質問
  • 志望動機や就活についての質問
  • 逆質問

それぞれの質問内容について、次項から詳しく解説していきます。

就活生自身についての質問

面接の場では、目の前の面接官はあなたのことを全く知りません。そのため、「あなたはどういう人ですか?」と考えています。あなた自身を知るために、以下のような質問を聞かれる可能性が高くなります。

  • 長所と短所
  • 学生時代に頑張ったエピソード
  • アルバイトやサークルについて
  • 自己PR

まず、全ての質問に共通する答え方として、結論を先に伝えてください。先に結論を述べておくと、面接官はその後の話を聞く姿勢が作りやすくなるからです。話も地図やナビと同様、目的地が決まっていた方がそこに至るまでのルートが分かりやすくなります。

質問内容としては、就活生の性格を大まかに知るために長所と短所をよく聞かれます。先に自分が自覚している長所と短所を伝えて、それに関するエピソードを少し話してみてください。エピソードを加えることで、自己分析したうえで長所と短所を把握していると評価されやすくなる可能性があるからです。質問はその後も続くので1分2分程度の短いエピソードで十分です。

そして、就活生がどんな経験をしてきたのかも面接ではよく質問されます。アルバイトやサークルでの経験、これまでの学生時代での経験など、どこを聞かれるかは面接官によって異なります。事前に自分の過去をリストアップして、アピールできる経験があれば積極的に活用しましょう。

その他には、自己PRを求められることもよくあります。自己PRと長所と短所が同じになってしまう就活生がいますが、これはおすすめできません。なぜなら、就活生の良さをアピールするチャンスが2回あるのに1回を無駄にしてしまうからです。長所と短所で伝えた内容にうまく寄せつつ、あなたの強みを伝えてみてください。

志望動機や就活についての質問

就活生についての質問が終わると、次は志望動機をよく質問されます。インターンシップでの志望動機は、本選考と違ってインターンシップに焦点を絞った動機を伝えることをおすすめします。なぜなら、何を学びたいか明確な就活生の方がインターンシップに参加して成長することを面接官は知っているからです。

インターンシップは本選考ではありません。将来的なビジョンや目標よりも、何を学びたくてインターンシップに参加したいのかが重要になります。あなたがインターンシップに参加したい理由と、その熱意をそのまま面接官に伝えてみてください。

逆質問

インターンシップの面接に限らず、面接でよく聞かれるのが逆質問です。「何か質問はありませんか?」この問いかけに「ありません」と答えてしまうのは一番の失敗です。逆質問ができないとインターンシップに参加する意欲が無いと面接官に判断されてしまう可能性が高くなります。

逆質問では、パンフレットやホームページに載っていない情報を質問することをおすすめします。すぐに分かる質問をしてしまうと、企業分析を行っていない就活生だと判断されてしまう可能性があるからです。インターンシップの内容についてや、どんな予習をしておいたら良いかを質問することで、あなたのインターンシップに対する熱意が伝わるでしょう。

インターンシップと本選考の面接の違いとは?

インターンシップと本選考の面接の違いは、短期ビジョンか長期ビジョンかです。インターンシップは直接的な選考ではいので、その期間中に就活生が何を学びたいのかを重視します。一方の本選考は、採用後に長く一緒に働く相手を選ぶための選考です。そのため、その就活生が将来的にどんなビジョンを描いているのかが重要になります。

インターンシップでは、インターンシップ期間中に何を学びたいか、何を知りたいかを明確にして面接に望んでみてください。目的は1つで十分です。インターンシップに参加する目的と、その目的を決めた理由を面接官に伝えましょう。

まとめ:面接での質問を予習してインターンシップを掴もう!

インターンシップでは、就活生自身のこと、志望動機、逆質問についてよく質問されます。それぞれの質問パターンをいくつか予測して、自分の言葉で回答できるようにしておきましょう。

インターンシップに参加できると、社会人の先輩から色々な話を聞くこともできます。本記事を読んだ就活生が面接をクリアして、インターンシップに参加できるよう祈っています。

<文=ユザワヤスヒロ>

株式会社シグマライズでは、22卒向けの「就職支援コミュニティ」を無料で運営しています。現在約300名の方が所属しています。参加者は以下の支援が無料で受けられます

  • 就活相談
  • ES添削
  • 面接対策
  • GD練習会など

興味ある方は是非以下の動画を見て下さい。