就活体験記

私の就活こうだった~法政大学: 三井住友信託銀行内定者~

株式会社シグマライズ(ΣTIMES運営会社)が運営している就職支援コミュニティ参加者で就職活動を終えられた方にインタビューを行いました。

これから就活を始められる方は是非、参考にしてください。

※トップ画像はイメージです。インタビュー当事者ではありません。

Q1:就職活動を始めた時期と就職活動を終えた時期を教えてください。

大学3年生の秋頃~大学4年生の5月

Q2:内定獲得企業と就職先企業を教えてください。また、その就職先企業を選んだ理由を教えてください。

内定獲得企業:

・河合塾マナビス

・三井住友信託銀行

就職先企業:

・三井住友信託銀行

Q3:夏や冬のインターン参加企業数と本選考参加企業数を教えてください。

インターン:5社

本選考:22社

Q4:企業探しや業界研究を行うために使っていたwebサービスを教えてください。またそれぞれのwebサービスをどのように使っていたかを教えてください。

企業探し:マイナビ・リクナビ・キミスカ・「●業界 企業」で検索していました。

業界研究:「●業界 仕事内容」で検索して様々なサイトを見ていました。信託銀行の企業研究に関しては、信託協会様のサイトがオススメです。

Q5:就職活動開始当初の志望業界や志望職種を教えてください。

化粧品メーカーを見ており、販売や商品企画に携わりたいと考えていました。

Q6:就職活動が進むにつれて志望業界や志望職種は変わりましたか?また、それはなぜですか?

最終的には、金融業界(特に銀行・証券など)のリテール営業を志望しておりました。就職活動を進める中で、「お客様と直接関われること」/「自己成長できること」が自分にとって大切な軸ということに気づきました。一方化粧品業界の多くは、販売職と総合職とで採用の段階から別れており、職種の変更は困難であることが分かりました。そのため営業から始まり、その後も様々な業務を経験できる金融業界を目指すようになりました。また同一の理由で、塾業界も見ておりました。

Q7:就職活動で一番大変だったことを教えてください。

学業との両立です。特に5月末は第一志望の結果が来るまで目の前のことが手につかず、かなり時間を無駄にしました。笑

Q8:就職活動を通して楽しかったこと、やりがいを感じたことがあれば教えてください。

自己成長を感じられた点です。特に最初は面接やグループワークにおいて反省するべき点が多くありましたが、しっかりと振り返り改善することで、「今日はうまくできた!」と思えるようになりました。

Q9:OB・OG訪問はされましたか?またどのようにOB・OGを探しましたか?

就職活動を始めた当初、ビズリーチ・キャンパス経由で1人の方に面談をしていただきました。

Q10:ESを作成するにあたりどんなことに気を付けていましたか?また、作成するにあたり支援を受けた人やサービスがあったら教えてください。

最初からできていたわけではないのですが、ガクチカであれば「目標→課題→取り組み→成果」の流れで書くこと、志望動機であれば実体験と、その企業だけの強みをしっかりと調べて書くようにしていました。作成するにあたり、シグマライズの斎藤様や大学のキャリアセンター、友人に見ていただきました。

Q11:面接対策はどのように取り組まれましたか?また、対策するにあたり支援を受けた人や良いサービスがあったら教えてください。

シグマライズの斎藤様や大学のキャリアセンター、友人に模擬面接をしていただきました。また、お風呂で志望動機などを唱えていることもありました。結構効果的ですよ!

Q12:Web試験対策はどのように取り組まれましたか?また、対策するにあたり支援を受けた人やサービスがあったら教えてください。

SPIの青本を中心に対策をしていました。本選考では初めて取り組む形式のテストもありましたが、いきなり解くのではなく、テストの情報や問題形式をネットで調べた上で受けるようにしていました。

Q13:グループディスカッションの対策はどのように取り組まれましたか?また、対策するにあたり支援を受けた人やサービスがあったら教えてください。

シグマライズが運営している就活コミュニティで開催されるGD練習会に参加をしていました。

Q14:その他、選考対策にあたり取り組まれていたことがあれば教えてください。また、対策するにあたり支援を受けた人やサービスがあったら教えてください。

日記を書くことが自己分析に繋がっていると感じることはありました。

Q15:自身の就職活動を振り返って、うまくいったこと、うまくいかなかったことをそれぞれ教えてください。

冬の早期選考の面接以外1~3次面接は全て通過できたことです。一方最終面接では、相対的に志望度の低い企業様に対して入社意思があるように振舞うことができず、落ちることがありました。最終面接では特に、企業や業界への理解度(売上高など)が問われるケースがあるので知識を入れた上で挑む必要があります。

Q16:就職活動を終えられて、残りの学生生活はどのように過ごそうと考えていますか?また、どのような社会人を目指していますか?

一人旅をしたい所ですが、卒業論文や資格取得を優先的に取り組もうと考えています。また、どんな小さなことに対してもしっかりと感謝を伝えられる社会人を目指しています。

Q17:最後に、就職活動に関して23卒の方にアドバイスをお願いします。

受験以上に、就活は人によって多様なやり方があります。自分に対しての理解度が深まったと感じていても、友人が自己分析対策の本を1冊終わらせている姿をみると、なぜかまだ足りないのではないかと思ってしまうこともあるかもしれません。人は人!自分は自分!根拠がなくても笑顔で自信があるように振る舞うこと!これはとても大事だなと思いました。23卒の方の就職活動がうまくいきますように。応援しています。

〈文=株式会社シグマライズ 代表取締役社長 社会保険労務士 斎藤 清二(@sigmarize)〉

株式会社シグマライズでは、23卒向けに「就職支援コミュニティ【α】」というLINEのオープンチャットにて就活生の支援を行っています。22卒のコミュニティ参加者にもサポーターとしてコミュニティに残ってもらっていますので先輩に相談することも可能です。

サービスの詳細について知りたい方は、こちらのサービス紹介ページから詳細確認下さい。